シンポジウム&セミナー
ホーム > トピックス > シンポジウム&セミナー > 第22回アフリカ研究会 兼 2019年度第1回日本アフリカ学会北海道支部例会を開催致します。

第22回アフリカ研究会 兼 2019年度第1回日本アフリカ学会北海道支部例会を開催致します。

北海学園大学経済学部の牛久先生による「アフリカのカゴづくりとその現代的展開―ガーナ北部ボルガタンガ地方の事例を中心に」に関する発表と、
松前国際友好財団の助成で来日中のPascal  Manfo氏(カメルーン)による農薬の毒性影響に関する講演を行います。

日 時:2019年 6月18日(火) 17:30~19:00
場 所:北海道大学大学院保健科学研究院(医学部保健学科)C601大会議室
https://www.hs.hokudai.ac.jp/access/

懇親会:講演後、企画しております。

 

演者:牛久晴香

タイトル:アフリカのカゴづくりとその現代的展開―ガーナ北部ボルガタンガ地方の事例を中心に

要旨:人間は古来から身近に存在する植物や動物の皮を使って、ものを集め運ぶための道具を作ってきた。そのひとつがカゴである。合成樹脂や化学繊維を用いた安価な工業製品が大量に流入するようになった現在でも、身近な動植物で作られるカゴは人々の生活の用を満たし、アフリカ各地の特色ある物質文化を今に伝えている。

同時に、アフリカのカゴは生産地から遠く離れた場所に商品として輸出されるようにもなっている。その背景には、構造調整政策や貧困削減政策をはじめとする国際的な開発潮流や、先進諸国におけるポスト消費社会的な価値観の登場などがある。商業的なものづくりへの移行は各地の動植物資源の利用や生産のあり方を変化させている。

本発表では、とくに1980年代以降のアフリカのカゴをとりまく政策や市場の変遷を紹介するとともに、生態環境や社会経済環境の変化のなかで人々がいかにしてカゴづくりという営みを再編してきたのか、ガーナ北部における代替原料の使用に至る過程を検討しながら明らかにする。

 

演者:Pascal Manfo

タイトル:Effects of agro pesticides and bisphenol A on health of adult men from Cameroon

要旨:

Background

The promotion of economic growth through industrial and agricultural activities is intimately associated with extensive use of chemicals including agro pesticides and bisphenol A (BPA), which are released into the environment and can compromise human’s health.

Methods

In order to assess the effect of these xenobiotics on the Cameroonian population, cross-sectional studies were conducted among male adults from Djutitsa (n=44), Yaoundé (n=37) and Buea (n=90 & 75). The studies involved small-scale farmers using agro pesticides and reference populations not using the agrochemicals. Participants were interviewed on agro pesticides use and related health symptoms, and their blood samples analysed for biochemical markers of pesticide toxicity (acetylcholinesterase or AChE), liver (activities of alanine aminotransferase (ALT) and aspartate aminotransferase), kidneys (creatinine and uric acid levels), and male reproductive function (follicle-stimulating hormone (FSH), luteinizing hormone, testosterone, estradiol and sex-hormone binding globulin (SHBG)). Urinary BPA levels were also evaluated in participants from Yaoundé and Djutitsa, and association with reproductive hormone levels assessed.

Results

Small-scale farmers used a wide range of agrochemicals for crops protection including fungicides, herbicides and insecticides. Pesticide use by the farmers generally resulted in symptoms such as cramps, increased salivation, lacrimation, muscular weakness, and blurry vision. The farmers showed inhibited serum AChE activity, elevated ALT activity, and altered male reproductive function (there was elevated FSH levels in Buea farmers, while Djutitsa farmers showed elevated androstenedione with lower testosterone levels). The other environmental contaminant, BPA, was detected in 92.6% participants from Djutitsa and Yaoundé, with average exposure and estimated intake of 2.18±1.97 µg/g creatinine and 0.06±0.05 mg/kg bw/day, respectively. BPA levels correlated significantly with testosterone and SHBG levels in Yaoundé and Djutitsa residents, respectively.

Conclusion

Altogether, these data suggest that the Cameroon population were exposed to agro pesticides and BPA, and this exposure resulted into alteration of their health including liver and male reproductive dysfunction.

 

 

 

PageTop